記事一覧

トップ

12/10熊本保健科大学「東日本大震災」チャリティー

氷川町おやじライブ実行委員会で、今年4月より行ってきたコンサートで皆さんから戴いた義援金を、12/10熊本保健科大学で行われた「東日本大震災」チャリティーイベントで、東北支部の方に直接手渡ししてきたことを、ここに報告いたします。
熊本保健科学大学にて寄付
その時の様子を撮影した写真と11/27ライブ時の写真をグループホーム花音alpacoのホームページに掲載してあります。
出演者の集合写真

タグALPACO 震災 義援金 寄付

サイト制作者よりお知らせ

グループホーム花音とグループホーム花音Ⅱのサイト総括作業が終了致しました。
グループホーム花音Ⅱに、Yahoo!等のサーチエンジンがリンクをキャッシュしているため、花音Ⅱに.htaccessを置いて、花音Ⅱにアクセスがあると花音トップへリンクされるようにしております。
キャッシュがなくなるまで、.htaccessを置いておきます。
グループホーム花音Ⅱにリンクを貼って頂いておりましたサイト様は、グループホーム花音へリンクを変更して下さいますようお願い申し上げます。

今後とも、グループホーム花音、グループホーム花音Ⅱ、認知症対応型デイサービス花音を宜しくお願い申し上げます。

グループホーム花音
http://gh-canon.kna.jp/
認知症対応型デイサービス花音
http://gh-canon.kna.jp/day_canon/

タグ更新 お知らせ

おやじバンド「義援金ライブ」

氷川町おやじライブでは、本日、氷川町商工会前(氷川公園)で東北被災地義援コンサートを開催しました。
4月より、チョコチョコと行ってきた義援金を今回、東日本被災地に届けることにしました。
12/10、ALPACOのCDの売上とおやじライブメンバーでの義援ライブによる寄付は、熊本県グループホーム連絡会を通じ、グループホーム東北支部に送り、微力ながら被災地の方々に役立てていただきたいと思います。
おやじバンドの写真やメッセーシを添えて、責任をもって、皆様から頂いた温かい善意とご寄附を届けます。
皆さん、ありがとうございます。これからも宜しくお願いいたします。
出演して頂いた、黒木さん、上田さん、関さん、高橋さん、ナス&ハッチ、松岡さん、かじかの皆さん、そして司会でお世話になった裸々さんもありがとうございました。

タグ義援金ライブ ALPACO

花音、折込みチラシ配布

デイサービス花音、グループホーム花音のオープンに伴い、チラシ新聞折込みを、来る12月1日に配布予定です。

タグデイサービス花音 グループホーム花音Ⅱ

利用者様 スタッフ募集中

グループホーム花音では、1月オープンに向け、只今、入居者様と、併せてスタッフさんを募集しています。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。
[メール]http://gh-canon.kna.jp/canon-mail/', 'mail', 'width=490,height=460,scrollbars=1,resizable=1'); return false;">お問い合わせ

タググループホーム花音

上棟式

11/6(日)16:00より餅投げします。皆さん、どうぞご参加ください。

タグ上棟式

認知症サポータ養成講座のご案内

町づくり委員会では、「花音」の下宮地区で、全国的に展開している「認知症サポーター養成講座」を来る10月30日(日)午後1:30開演、会場を下宮公民館で開催いたします。どなたでも参加できる参加費無料の講座です。「氷川町包括支援センターの高齢者支援の取り組み内容」や「安心して暮らせる、これからの高齢福祉の町づくり」に関して講演会を予定しております。介護や各種サービスなど、悩み・相談も承ります。皆さんの参加をお待ちしております。

ケアマネ更新専門研修

10月からケアマネ更新研修、1週間置きに計8回熊本市で受講中です。久しぶりにJRや市電やバスに乗り、毎回の昼食は地下街で、講義は睡魔が襲って大変ですが、毎週楽しみで、何かと忙しい中、気分転換になっています。グループホームの看板も取り付け終了し、初代の改良版、宮原は桜ケ丘の「桜の花びら」をデザインに取り入れています。

花音ボランティア

グループホーム花音では、現在、数名の方に入居者さまとのふれあいボランティアを行って頂いております。もうすっかりホームの仲間として馴染みの関係が定着しています。時に話し相手に、また、時に、一緒に目の前の神社へ参拝に出かけられています。もうすぐ「三神宮秋季大祭」鳥居のお色直しも、もうすぐ完成予定です。

認知症ケアにおける花音の「理念」

事業所拡張するにあたって、最初から理念や方針に即した展開や、体制を整えていくことは大変なことと思います。でも、そんな中で、「いい時も大変な時も信じてついて来てくれるスタッフと一緒に力を合わせ、氷川町内外の認知症介護の拠点になりたいと考えています。ひとりではできなくても、周りの理解や協力を得ることで「子どもからお年寄りが互いに支え合い、安心して暮らせる地域社会づくり」を目指していきます。

タググループホーム花音 認知デイ