記事一覧

トップ > 23

23

12/10熊本保健科大学「東日本大震災」チャリティー

氷川町おやじライブ実行委員会で、今年4月より行ってきたコンサートで皆さんから戴いた義援金を、12/10熊本保健科大学で行われた「東日本大震災」チャリティーイベントで、東北支部の方に直接手渡ししてきたことを、ここに報告いたします。
熊本保健科学大学にて寄付
その時の様子を撮影した写真と11/27ライブ時の写真をグループホーム花音alpacoのホームページに掲載してあります。
出演者の集合写真

タグALPACO 震災 義援金 寄付

認知症サポータ養成講座のご案内

町づくり委員会では、「花音」の下宮地区で、全国的に展開している「認知症サポーター養成講座」を来る10月30日(日)午後1:30開演、会場を下宮公民館で開催いたします。どなたでも参加できる参加費無料の講座です。「氷川町包括支援センターの高齢者支援の取り組み内容」や「安心して暮らせる、これからの高齢福祉の町づくり」に関して講演会を予定しております。介護や各種サービスなど、悩み・相談も承ります。皆さんの参加をお待ちしております。

ケアマネ更新専門研修

10月からケアマネ更新研修、1週間置きに計8回熊本市で受講中です。久しぶりにJRや市電やバスに乗り、毎回の昼食は地下街で、講義は睡魔が襲って大変ですが、毎週楽しみで、何かと忙しい中、気分転換になっています。グループホームの看板も取り付け終了し、初代の改良版、宮原は桜ケ丘の「桜の花びら」をデザインに取り入れています。

花音ボランティア

グループホーム花音では、現在、数名の方に入居者さまとのふれあいボランティアを行って頂いております。もうすっかりホームの仲間として馴染みの関係が定着しています。時に話し相手に、また、時に、一緒に目の前の神社へ参拝に出かけられています。もうすぐ「三神宮秋季大祭」鳥居のお色直しも、もうすぐ完成予定です。

地蔵祭り

地蔵小屋作りの日に新規グループホーム建設、着工開始しました。24日の地蔵祭りには、宮原振興局内で「ドンカッチョ」として演奏で参加させて頂きました。何年振りか、久々でしたが、こんなに沢山の人が集まったことにびっくりすると共に、宮原のがんばりをとても嬉しく思いました。

24時間テレビ34募金活動

24時間テレビ34~愛は地球を救う~募金活動 雨にもかかわらずたくさんの温かい善意と募金を戴きありがとうございました。ホームの中や駐車場で、歌や演奏をして頂きました音楽愛好家の皆さん、お世話になりました。お陰様で、利用者様とご家族、スタッフ、見に来て頂いた地域の皆さんなど、とても喜んでくださいました。また、来年も宜しくお願いします。

ハングリー精神

ハングリー精神について話すと長くなってしまいそうです。alpacoのhpが更新されない、そのこそがまさに、「ハングリー状態だ」と思います。言わないで努力している状態も、音楽や仕事の面で多々あると思います。ヒロリンさんは身近な人だと感じますが、言い方は悪いかもしれませんが、「人は騙せても、幼馴染みの二人の間の音楽については妥協しないぞ」そう強く思います。[alpaco]は「音楽だけの世界ではない、それ以上の挑戦や幸せを二人共に目指している」そう思っています。だから続いているのかもしれません。

8/16地鎮祭

朝から大雨で、地鎮祭は神社の拝殿で行っていただきました。式典の最中は雨も降らず、よかばっかりでした。三神宮さん、ありがとうございました。

地鎮祭

16日に地鎮祭を行います。次の日は近隣の方々と土地の境界立会い予定です。融資計画も無事解決しそうで、来週21日は、グループホーム花音の駐車場で、恒例、「24時間tv~愛は地球を救う~募金活動」を行います。地元音楽愛好会の演奏、かき氷、風船つりのバザーを予定し、今回は、「東日本大震災」救援のための募金箱も設置します。皆さん、宜しくお願いします。また、16日より、新規開設予定の「グループホーム」と「認知症デイサービス」のホームページをスタートします。

同級生と飲める幸せ

今夜は僧侶としてブラジルにいる友を含め、地元の同級生5人と「お帰り」「乾杯」と酒を飲み交わしました。七夕の日にはまた、ブラジルへ帰るとのことです。「今度の同窓会はブラジルでやろうか」と談笑し、握手でおひらきとしました。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ